ノーレート麻雀ネットワーク ニューロン

Topics

2023年11月1日ニューロン麻雀スクール太平通校の紹介名古屋テレビ「ドデスカ!+」 レポート

名古屋テレビの情報番組「ドデスカ!+」にてニューロン麻雀スクール太平通校に通う子供たちの様子が紹介されました。名古屋テレビ公式youtubeにて視聴いただけます。

放送日
2023年11月1日(水曜)15:40-19:00 ※18:15より12分間
放送局
名古屋テレビ(愛称 メ~テレ)
番組名
ドデスカ!+
コーナータイトル
ブーム再来!小学生も『ポン!』
取材協力
ニューロン麻雀スクール太平通校
内容
ニューロン麻雀スクール太平通校にて学ぶ子供たちの様子など

ヤフーニュース「ブーム再来の麻雀」2023年11月1日 (弊社関連部分を抜粋)

ヤフーニュース

<昭和の娯楽?だった麻雀、令和にブーム再来 ”頭能スポーツ”として小学生も夢中に>

昭和時代にブームが到来した、中国発祥の「麻雀」。近年は子どもたちも取り込み、将棋や囲碁のような“頭脳スポーツ”としてブレイク中です。ブーム再来、令和の麻雀事情に迫ります。勝負を左右するのは、“運”そして“戦略”。中国発祥の「麻雀」は、昭和時代にブームが到来。「テンパる」「連チャン」など、麻雀由来の言葉も生み出しました。その一方、お金を賭ける、徹夜で楽しむ、などネガティブな印象もあり、「レジャー白書」によると、競技人口は2010年以降、大幅に減少しました。

ヤフーニュース

そして現在。名古屋のショッピングセンターの一角には、並んでいる子どもたちがいます。全国で、約140校を展開する「ニューロン麻雀スクール」。名古屋では、今年のGWから月1回、小中高生を対象に教室を開いています。麻雀は、絵や文字が書かれた136枚の牌から14枚を組み合わせ、そのパターンによって得点を競います。「子ども教室」ではまず、互いの手牌を見せながら、ルールを覚えていくそうです。この日、参加した小学生は、慣れた手つきで、牌をさばき、全自動の麻雀卓を操作します。子ども向けの教室を始めて、約半年。予想を上回る反響に、担当者は驚きを隠せない様子です。「どんどん(子ども)人気が上がっていると感じている。絵合わせという感覚なんですかね、あっという間に覚えていきますよ」(ニューロン麻雀スクール太平通校 酒井英俊さん)

ヤフーニュース ヤフーニュース

<ドンジャラから麻雀に興味「ニューロン麻雀スクール」に通う子どもの保護者>

 子どもたちが麻雀を始めたキッカケは…。「もともと、おじいちゃん、おばあちゃんが麻雀が好きで、長男がやりたいと言って」(母親) 幅広い年代が楽しめる、麻雀。よく似たゲームが、バンダイの「ドンジャラ」です。簡単なルールや、人気キャラクターとのコラボなどが支持され、40年以上のロングセラーとなっています。ドンジャラから、麻雀に興味を持ったり、スマホが普及した今は、オンライン対戦にハマる若者も多いそうです。そして、ここ数年で、最も大きな変化は。「Mリーグがきっかけで、一緒にみるようになって、子どもが麻雀に興味を持つようになった」(保護者)

ヤフーニュース

<麻雀をめぐる驚きの研究結果が。横浜市立大学脳神経外科 東島威史医師>

さらに最近は、麻雀をめぐるこんな研究結果も報告されています。「知能指数は思っていたより、上昇して、IQが7ぐらい上がった」(横浜市立大学脳神経外科 東島威史医師) 脳外科医でプロ雀士の、東島医師の調査によると、麻雀教室に通った子どもには、IQが上昇する傾向がみられたといいます。「目と手の連動性がよくなった。記憶の中でこれが一緒だった、これは見たなということができる視覚性の短期記憶が上昇した。集中力がアップした印象もある。今後、集中力が欠如した子どもの治療などにも応用できないかと、いま考えているところです」(横浜市立大学脳神経外科 東島医師)


ニューロン子供麻雀教室の詳細

ニューロン麻雀スクール太平通校の詳細

子供の知能指数に対する麻雀の影響(東島威史医師による研究と論文/ニューロン協力)

名古屋テレビ公式youtube(画像クリックで動画を視聴できます) 名古屋テレビ公式youtube 名古屋テレビ公式サイト「ブーム再来!小学生も『ポン!』」 名古屋テレビ公式youtube